廃棄物の処理

医療廃棄物の処理

特長とメリット

  • 1,600℃を越える高温溶融処理により、無害化します。
  • 金属くずと廃プラ類を区別する必要がありません。
  • 平成6年の処理開始以来、青森・岩手を中心に700件以上のお客様から実績を評価いただいております。

処理フロー

廃棄物の入荷

鋼製容器・プラスチック容器・ダンボール容器のいずれかの荷姿で搬入された廃棄物は、感染性産業廃棄物の専用保管庫の中で保管・管理されます。腐敗対策として空調設備が設置されており、温度は一定に保たれています。

電気炉への投入

電気炉へ投入され、1600度~3000度の高温で感染性産業廃棄物が溶融、無害化されます。

出鋼

酸化精錬・還元精錬が完了すると、溶鋼温度を確認して出鋼します。

連続鋳造設備でビレットに

連続的に溶鋼を鋳型に注ぎ、冷却し、固めて半製品であるビレットにします。

複合廃棄物の処理

特長とメリット

  • 製鋼用電気炉に加え、大型破砕機、選別設備、廃プラ炭化炉など種々の処理設備により多種多様な廃棄物の受け入れが可能です。
  • 処理後の残さを極少化した地球に優しい処理方法です。

処理フロー

廃棄物の入荷

納入された混合廃棄物は、シュレッダー設備の産業廃棄物保管場に一時保管されます。

シュレッダー設備への投入・破砕・選別

製鋼工場直結型のシュレッダー設備に投入します。この設備により廃棄物は細かく破砕され、選別行程により鉄くず、非鉄金属くず、シュレッダーダストに選別されます。
鉄くずは製鋼原料として電気炉へ供給、シュレッダーダストは廃プラ炭化炉施設へカーボン原料として供給、生産したカーボンは電気炉で利用されます。非鉄金属くずは外部へ販売されます。

シュレッダーダスト

炭化炉設備で熱分解によりカーボン製造

ブリケット工場

カーボンブリケット

還元剤として電気炉へ
鉄くず

電気炉
非鉄金属くず

外部販売

家電のリサイクル

特長とメリット

  • 特定家庭用機器再商品化法(通称:家電リサイクル法)において、リサイクルプラントとして指定されています。
  • 収集対象の4品目(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)をリサイクルしています。
  • 収集された家電は手解体及び、専用の破砕・選別機により、鉄・非鉄(銅・アルミニウム等)・プラスチック類(PP・PS・ABS等)・ガラス等に選別し、リサイクルしています。

処理フロー

家電の手解体

取り外し可能なモーター・基盤・プラスチック、ガラス等を回収します。
また、【冷蔵庫】【エアコン】【洗濯機(ヒートポンプ型)】については、冷媒フロンの回収も行います。

破砕・選別

手解体後は破砕機での破砕後、磁力及び風力選別等により鉄・非鉄・プラスチック等に選別を行います。

再商品化・再資源化

種類別に回収された資源は、専門業者へ出荷し、リサイクルされます。左の写真は回収されたプラスチックです。
※回収・選別された物の利用方法等の詳細については、下記処理フローをご確認ください。

リサイクル率