地域とともに新しい時代へ

低濃度PCB処理

低濃度PCB処理

特長とメリット

  • 高度な技術により、安全かつ安心な無害化処理を行っております。
  • 当社 製鋼用電気炉の高温溶融機能(1,600℃)を活用し、無害化処理後の

  完全再資源化(ゼロエミッション)に取り組んでいます。

処理対象物の流れ

※事前協議について

 当社にて事前協議の代理申請が可能ですので、申請を全面的にサポート致します。

 

処理フロー

廃棄物受入れ

廃棄物受入れ

搬入された廃棄物は専用トレーで保管されます。
※受入時の荷姿は問いませんが、漏洩等には十分な対策を施工してください。


↓
処理準備

処理準備

電気機器等の残油のあるものは抜油を行い、必要に応じて解体も行い固定床炉で無害化されます。
また、ウエス等の汚染物はメディカルペール缶に入れ小型焼却炉で無害化されます。


↓
無害化処理

無害化処理

専用トレーのまま無害化処理を行います。

 

※処理後


↓
処理後のリサイクルフロー

処理後のリサイクルフロー

シュレッダ施設で破砕、鉄・非鉄などの種類ごとに選別を行い、各施設でリサイクルされます。

※詳細は下記のリンクよりご覧ください。

>> 複合廃棄物の処理


処理フローについての詳細はこちらをご覧ください

処理フロー.pdf
PDFファイル 780.0 KB

低濃度PCB無害化処理認定書

【低濃度PCB無害化処理認定証】.pdf
PDFファイル 1.7 MB

施設維持管理情報

【維持管理状況】.pdf
PDFファイル 110.1 KB
建設業者の方へ
医療廃棄物排出事業者の方へ
多量排出事業者の方へ
東京鉄鋼株式会社