地域とともに新しい時代へ

医療廃棄物の処理

医療廃棄物の処理

特長とメリット

  • 1,600℃を越える高温溶融処理により、無害化します。
  • 金属くずと廃プラ類を区別する必要がありません。
  • 平成6年の処理開始以来、青森・岩手を中心に700件以上のお客様から実績を評価いただいております。

処理フロー

廃棄物の入荷

廃棄物の入荷

ドラム缶・プラスチック容器・重ダンボールのいずれかの荷姿で搬入された廃棄物は、感染性廃棄物の専用保管庫の中で整然と保管・管理されます。腐敗対策として空調設備が設置されており、温度は一定に保たれています。


↓
電気炉への投入

電気炉への投入

夜間稼動する電気炉へ投入され、1600度~3000度の高温で感染性廃棄物が十分に溶融、無害化されます。


↓
出鋼

出鋼

酸化精錬・還元精錬が完了すると、溶鋼温度を確認して出鋼します。


↓
連続鋳造設備でビレットに

連続鋳造設備でビレットに

連続的に溶鋼を鋳型に注ぎ、冷却し、固めて半製品であるビレットにします。スラグの部分は、路盤材としてリサイクルされます。


建設業者の方へ
医療廃棄物排出事業者の方へ
多量排出事業者の方へ
東京鉄鋼株式会社