地域とともに新しい時代へ

私たちの強み

私たちの強み

私たちの強みは、埋立残さを極少化した

地球に優しい安心・安全なリサイクルを実現できること

  • 有害な廃棄物の無害化が可能な、製鋼用電気炉による超高温処理
  • 様々な廃棄物の処理をまとめて受託できる許可品目の多さ
  • 分離が難しい複合廃棄物の受け入れを容易にする破砕・選別機能

 

「石綿関係の廃棄物も一緒に委託したい」というニーズにお応えします。

建設会社の方へ
医療廃棄物排出事業者の方へ

多量排出事業者の方へ

設備紹介

上記のようなお客様のニーズにお応えできるのは、八戸工場の電気炉と家電リサイクル法、自動車リサイクル法に適応した設備があるからです。

 

電気炉溶融設備について

電気炉溶融設備

電気炉は、アーク放電と呼ばれる雷に似た放電により、鉄を溶解します。アーク直近の温度は約3000度を超えます。鉄の溶鋼温度は約1600度以上になります。感染性廃棄物はもちろん、石綿含有産業廃棄物の溶融温度(1500度以上)が担保されます。また、焼却灰・燃え殻の発生がないのも利点です。本設備の稼動は、電力需要が少ない夜間に行われ、電力会社の効率的な電力供給(負荷平準化)に寄与しています。


工場直結型シュレッダー設備について

工場直結型シュレッダー設備

電気炉メーカーとしては始めて、工場直結型のドイツ製シュレッダーを導入しました。廃車・廃家電・廃プラスチックなどを破砕し、素材ごとに選別・回収します。高品質な鉄鋼原料と、鉄以外の資源も回収、有効活用することができます。断熱フロン回収装置を併設しています。


ASR再資源化施設について

ASR再資源化施設について

シュレッダー設備で回収後のASR(自動車破砕残渣)の軽量物は、もう一度この施設で破砕・選別処理され、RPFを製造します。東京鉄鋼の電気炉で燃料や還元材として再利用されます。外部販売も行っています。


廃プラ炭化炉施設について

廃プラ炭化炉施設

シュレッダー設備で回収後のASR(自動車破砕残渣)の重量物や廃プラスチック等を熱分解し、粉体カーボンとして加工後、鉄をつくるときの原料や燃料にします。この時発生する熱分解ガスはリサイクル発電設備に使われ、得られた電力はこの施設で電気エネルギーとして有効活用されます。粉体カーボンはブリケットに加工し、外部販売も行っております。


環境方針

登録証

東京鉄鋼株式会社環境リサイクル事業部(八戸工場)でISO9001を、東京鉄鋼八戸グループでISO14001を取得しています。

ISO9001登録証
2018.4.26 ISO9001.pdf
PDFファイル 247.4 KB
ISO14001登録証
2019.9.30 ISO14001.pdf
PDFファイル 451.6 KB

建設業者の方へ
医療廃棄物排出事業者の方へ
多量排出事業者の方へ
東京鉄鋼株式会社