地域とともに新しい時代へ

複合廃棄物の処理

複合廃棄物の処理

特長とメリット

  • 製鋼用電気炉に加え、大型破砕機、選別設備、廃プラ炭化炉など種々の処理設備により多種多様な廃棄物の受け入れが可能です。
  • 処理後の残さを極少化した地球に優しい処理方法です。

処理フロー

廃棄物の入荷

廃棄物の入荷

納入された混合廃棄物は、シュレッダー設備の産業廃棄物保管場に一時保管されます。


↓
シュレッダー設備への投入・破砕・選別
↓

シュレッダー設備への投入・破砕・選別

製鋼工場直結型のシュレッダー設備に投入します。この設備により廃棄物は細かく破砕され、選別行程により鉄くず、非鉄金属くず、シュレッダーダストに選別されます。
鉄くずは製鋼原料として電気炉へ供給、シュレッダーダストは廃プラ炭化炉施設へカーボン原料として供給、生産したカーボンは電気炉で利用されます。非鉄金属くずは外部へ販売されます。


シュレッダーダスト

シュレッダーダスト
↓
炭化炉設備で熱分解によりカーボン製造
炭化炉設備で熱分解によりカーボン製造
↓
ブリケット工場
ブリケット工場
↓
カーボンブリケット
カーボンブリケット
↓
還元剤として電気炉へ
還元剤として電気炉へ

鉄くず

鉄くず
↓
電気炉
電気炉

非鉄金属くず

非鉄金属くず
↓
外部販売
外部販売

建設業者の方へ
医療廃棄物排出事業者の方へ
多量排出事業者の方へ
東京鉄鋼株式会社